top of page

色彩心理を活用した痩せる方法


サラダ

埼玉県さいたま市大宮駅徒歩5分のパーソナルトレーニングジムFLARE BODY(フレアボディ)大宮本店の代表の田中です。

ダイエットを始めると、食事の内容や量を気にすることが多くなります。しかし、食事だけでなく、色も私たちの食欲や満足感に影響を与える要素です。色彩心理を活用することで、心理的な効果を引き出し、満腹感を得やすくする方法があります。以下に、色彩心理を用いた痩せる方法をご紹介します。


 

青い皿

1. 食器やテーブルクロスの色選び

食事をする際に使う食器やテーブルクロスの色を選ぶことで、食欲や満腹感に影響を与えることができます。例えば、赤や黄色は食欲を刺激する色とされていますので、ダイエットをサポートするためには、青や緑などのクールな色を選ぶと良いでしょう。


 

ほうれん草ソテー

2. 食材の色味を意識する

食べるものの色味も、私たちの食欲や満足感に影響を与えます。例えば、赤やオレンジ色の食材は、食欲を高める効果があると言われていますので、ダイエット中は抑えるべき色味です。一方で、緑色や青色の食材は、食欲を抑える効果があるとされていますので、積極的に取り入れることをおすすめします。


 

緑の壁

3. 食事環境の色調整

食事をする場所や環境の色も、食欲に影響を与える要素です。例えば、食事をする場所の壁の色や照明の色を、青系や緑系にすることで、食欲を抑えることができると言われています。また、食事中に見るテレビやスマートフォンの画面も、食欲や満足感に影響を与えるため、明るく刺激的な色の表示を避けることが大切です。


 

以上が、色彩心理を活用した痩せる方法の一部です。ただし、色彩心理は個人差もあるため、自分に合った色や食材を見つけることが重要です。また、色彩心理だけでなく、バランスの取れた食事や適度な運動も合わせて行うことが、健康的なダイエットの基本です。


埼玉県さいたま市大宮駅徒歩5分のパーソナルトレーニングジム

Comments


特集記事
最新記事
bottom of page