top of page

鶏肉がダイエットにおすすめな理由を解説!コスパも良くて筋肉も増量できる!

埼玉県さいたま市大宮駅徒歩5分、-25kgメソッドのパーソナルトレーニングジムFLARE BODY(フレアボディ)大宮本店です。

鶏肉がダイエットにおすすめな理由!コスパも良くて筋肉も増量できる!

ダイエットに効果的な食品として、鶏肉はよく知られています。鶏肉は低カロリー、低脂質、高タンパク質の食品で、筋肉量を増やして代謝を高めたり、満腹感を持続させて間食を減らしたり、美肌や疲労回復にも期待できます。しかし、鶏肉の魅力はそれだけではありません。鶏肉はコスパも良くて、手軽に入手できる食品です。この記事では、鶏肉がダイエットにおすすめな理由と、鶏肉のコスパの良さについて解説します。

ローストチキン

鶏肉がダイエットにおすすめな理由

鶏肉がダイエットにおすすめな理由は、主に以下の4つに分けられます。


- 鶏肉は低カロリー、低脂質、高タンパク質の食品である

- 鶏肉は筋肉量を増やして代謝を高める効果がある

- 鶏肉は満腹感を持続させて間食を減らす効果がある

- 鶏肉は美肌や疲労回復にも貢献する効果がある


まず、鶏肉は低カロリー、低脂質、高タンパク質の食品であるということについて説明します。鶏肉は100gあたり約110kcalと、牛肉や豚肉に比べてカロリーが低い食品です。また、鶏肉は脂質が少なく、ささみの場合100gあたり約2g以下しか含まれていません。脂質は1gあたり9kcalと脂質が少ないため、鶏肉はカロリーを抑えることができます。一方、鶏肉はタンパク質が豊富で、100gあたり約20gも含まれています。またタンパク質は消化に時間がかかるため、満腹感が持続します。さらにタンパク質は筋肉の材料になり、代謝を高める効果があります。

マッチョ

次に、鶏肉は筋肉量を増やして代謝を高める効果があるということについて説明します。筋肉量が多いほど、基礎代謝が高くなります。基礎代謝とは、安静時に消費されるエネルギーのことです。基礎代謝が高いと、安静時にも多くのカロリーを消費することができます。つまり、筋肉量を増やすことで、脂肪燃焼を促進することができるのです。鶏肉はタンパク質が豊富で、筋肉の材料になります。鶏肉を食べることで、筋肉量を増やして基礎代謝を上げることができます。

満腹感

さらに、鶏肉は満腹感を持続させて間食を減らす効果があるということについて説明します。タンパク質は消化に時間がかかるため、胃に長く留まります。その結果、満腹感が持続し、空腹感を感じにくくなります。また、タンパク質は血糖値の上昇を抑える効果があります。血糖値が急激に上昇すると、インスリンというホルモンが分泌されます。インスリンは血糖値を下げるとともに、脂肪の蓄積を促します。また、血糖値が急激に下がると、再び空腹感を感じます。このように、血糖値の変動は、脂肪の蓄積と空腹感の増加につながります。タンパク質は血糖値の変動を抑えることで、この悪循環を防ぐことができます。鶏肉を食べることで、満腹感を持続させて間食を減らすことができます。

美肌

鶏肉は美肌や疲労回復にも貢献する効果があるということについて説明します。鶏肉にはビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれています。特に、ビタミンB群は、皮膚や粘膜の健康を保つ効果があります。また、ビタミンB群は、糖質や脂質の代謝を助ける効果もあります。さらに、鶏肉には鉄分や亜鉛などのミネラルも多く含まれています。鉄分は血液中のヘモグロビンの生成に必要で、酸素の運搬を助けます。亜鉛は免疫力の向上や傷の治癒に役立ちます。鶏肉を食べることで、美肌や疲労回復にも効果が期待できます。

鶏肉

最後に鶏肉がコスパも良くて、手軽に入手できる食品であるということについて説明します。鶏肉のコスパの良さは、以下の2つです。


- 鶏肉は他の肉に比べて安い

- 鶏肉は部位によって使い分けることができる


まず、鶏肉は他の肉に比べて安いということについて説明します。鶏肉の値段は、部位や産地、品質などによって異なりますが、一般的には牛肉や豚肉よりも安いです。例えば、全国のスーパーで売られている鶏肉100gの値段の平均は147円です。これに対して、牛肉は約500円、豚肉は約300円となっています。鶏肉は他の肉の半分以下の値段で購入できることがわかります。また、鶏肉は国産のものが多く、安心して食べることができます。鶏肉はコスパの高い食品といえます。

手羽先

次に、鶏肉は部位によって使い分けることができるということについて説明します。鶏肉は胸肉やもも肉、ささみや手羽など、様々な部位があります。これらの部位は、値段や栄養、特徴などが異なります。例えば、胸肉は低カロリー、低脂質、高タンパク質で、筋肉増強やダイエットに適しています。もも肉は脂質やコラーゲンが多く、ジューシーで柔らかいです。ささみは脂質が少なく、タンパク質が豊富で、消化が良いです。手羽は骨に沿って肉がついており、コラーゲンやカルシウムが多いです。これらの部位は、それぞれに合った調理法や料理に使うことができます。例えば、胸肉はサラダや炒め物、もも肉は唐揚げや照り焼き、ささみは茹でてマヨネーズで和えたり、手羽は煮込んだり焼いたりすることができます。鶏肉は部位によって使い分けることで、様々な味や食感を楽しむことができます。


以上のように、鶏肉はコスパも良くて、手軽に入手できる食品です。鶏肉は他の肉に比べて安く、部位によって使い分けることができます。鶏肉を上手に利用して、ダイエットや健康に役立てましょう。

 

埼玉県さいたま市大宮駅徒歩5分のパーソナルトレーニングジム

Comentarios


特集記事
最新記事
bottom of page